私らしく生きる 50代からの大人世代へ

人気記事ランキング 連載・特集

【ししとうがらし】の保存方法。栄養価をキープして長持ちさせるコツは?

公開日

更新日

沼津りえ

ししとうがらしはカロチンやビタミンCの宝庫です。旬のししとうがらしがお店に出回ったときは、まとめ買いをして、鮮度を保ちつつ上手に保存したいですね。料理研究家の沼津りえさんに、おいしさキープで長もちする保存方法を教わりましょう。

冷蔵保存

まるごとポリ袋に入れて、冷蔵保存を。保存期間の目安は10日間です。

冷凍保存

冷蔵保存の場合と同様に、へたをとらずにまるごとポリ袋に入れて、冷凍保存を。冷凍の保存期間の目安は1カ月です。生のまま冷凍することでビタミンなどの栄養価もキープされます。

解凍方法

解凍の必要なし! ゆっくり解凍すると、水っぽくなるので、冷凍のまま手早く調理に使用しましょう。食感を損なわず、おいしく食べることができます。

ししとうがらしのへたの先端を切るだけで、まるごとそのまま使用します。包丁でもさくっと切れます。火の通りが早いので、短時間で調理できます。

冷凍ししとうがらしで、しょうゆいため

材料と作り方(作りやすい分量)
フライパンにごま油小さじ1を熱し、冷凍したししとうがらし1パック分を入れ、強強火でいため、しょうゆ小さじ1を回しかける。

冷凍ししとうがらしで、ポン酢しょうゆづけ

材料と作り方(作りやすい分量)
①冷凍したししとうがらし1パック分をそのままさっとゆでて水けをきる。
②保存容器にポン酢しょうゆ大さじ1、削り節適量を合わせ、①を熱いうちに入れる。

※この記事は『食材保存大全』沼津りえ著(主婦の友社)の内容をWeb掲載のため再編集しています。
※2022年10月21日に配信した記事を再編集しています。

★あわせて読みたい★

【かぼちゃ】は保存方法しだいで長持ち! 失敗しない、おいしさキープのコツ 【鶏肉】の保存方法。トレーのまま冷蔵庫に入れてない? 鮮度を保つコツは 【玉ねぎ】の保存方法。知ってる? 切っても涙が出ない保存のコツ

食材保存大全

沼津りえ著
主婦の友社刊

その食品保存の方法、正しいですか? 昔と今とは住環境も違います。ムダなくおいしく食べきるための食品保存の新常識はコレです。

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ